とっておきのプレゼントに!七五三写真

七五三写真といえば、子どもの晴れ舞台としてうってつけといえるのではないでしょうか。健やかに育つ子どもを撮影しておくことは、極めて有用なことです。「立派に成長した」といっても、まだまだ7歳という幼少期には変わり有りませんので、ワガママな振る舞いをしたり泣きべそをかいたりすることもあるかもしれません。そんな子どもたちの貴重な時間を思い出として残しておけば、大人になって見た時にはきっと子どもたち自身も喜ぶことになるでしょう。


七五三の撮影については、前撮りをするケースも少なくありません。なぜなら、子どもたちは元気良く遊び回るため、七五三用に調達した着物やドレスなどを着用するのに窮屈感を覚えるからです。七五三用に調達した衣装は決して安価なものではないため、親御さんもついつい気になってしまうのではないでしょうか。実は多くの写真館が4月から6月頃にかけての期間に前撮りすることをオススメしています。通常料金よりも大幅に割安になるキャンペーンなどを企画しているところもたくさんあります。

「4月から6月頃なんて早すぎるのでは?」と思う人もいるかもしれません。しかしながら、この時期に前撮りをすることは、色々な面からも適当です。先ず何よりも、本番の11月15日に至るまでにはたっぷりの余裕がありますので、安心して過ごすことができます。七五三本番が近くなる9月になると、写真館への問い合わせや予約が殺到することになり、慌ただしい思いをすることになります。また、7月8月の夏場の時期の撮影にも注意が必要。なぜなら、子どもたちの多くが日焼けしてしまうからです。日焼けした表情は健康的で悪くありませんが、七五三の写真としては不向きといえるでしょう。七五三に関するこのようなアドバイスについても、良心的な写真館であれば余すところなく教えてくれます。経済的に苦しい世帯に対しては、子どもが着用する衣装をレンタルしてくれるところもありますので、活用しましょう。